この治療方法には4つの大きなポイントがあります。

1.位相差顕微鏡での菌の確認
2.細菌(歯周病菌)の除去薬剤の内服
3.カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
4.除菌後の歯石取り

位相差顕微鏡での菌の確認

特に位相差顕微鏡での菌の確認は非常に大きなポイントです。

位相差顕微鏡で歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか、お口の中の菌を確認しなくてはなりません。

位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

位相差顕微鏡は、口腔内や血液中の透き通った微生物を観察するときに使用します。

当院では、口腔内の歯周病菌を観察する際に使用しております。

この位相差顕微鏡はパソコンやモニターに映して患者様にも見ていただける仕様となっております。口腔内で歯周病菌がどのように活動しているのか、ぜひ一度ご覧になってください。

「治療後に注意すること」・歯周病は細菌による感染症なので、再感染に気をつけましょう。

当院では顕微鏡システムを導入しています。
詳しい方法、料金などはお尋ねください。